スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AUTO-MOD

AUTO-MOD(オートモッド)は日本のロックバンド。経歴「TOKYO DARK CASTLE」のオーガナイザーであるGENET(ジュネ)がフロントマンとして活動を続けるバンド。フロントのGENETは1978年日本のパンクムーブメントのきっかけを創る事となった東京ロッカーズにWORST NOISE、MARIA023などのバンドに参加。剃刀でギターを弾き血まみれになるなどの破滅的パフォーマンスとその強烈な個性でロックシーンに躍り出た。その後GENETは1979年秋から1980年代中期までロンドンに帯在し、バウハウスに多大な影響を受け帰国。帰国後直ぐにラディカルな主張と表現行為としてのロックを追求するバンドAUTO-MODを結成。そしてGENETはAUTO-MODの解散を最終目的とした13回限定のシリーズ・ギグ「時の葬列」を主催。1984年にはメジャー・デビュー、そして当時イギリスで起こりつつあったVirgin Prunes、Alien Sex Fiend、Sex Gang Childrenなどのダークウェーブシーンと連動する。そしてこのイベントよりSADIE SADS、G-SCHMITT、MADAME EDWARDA他数々のポジティブパンクバンドを生み出す事となった。このポジティブパンクシーンはブームを巻き起こし、白塗りファッションの少年少女が現れた。又この時期寺山修司に傾倒していたGENETは、天井桟敷の福士恵二と共に自らの劇団バジワークシアターを作り演劇活動も活発に行なった。AUTO-MODはそのポップな音楽性と実験音楽と言う相反する二面性を同時に一つのアルバム、ステージに於いて演劇的手法と共に展開するという音楽観を持ち、その高度な音楽性は、ミュージシャン集団としても特質したものであった。初期においては、メンバーの実力不足と音楽に対する姿勢にGENETが苛立ち、自らが脱退を発表したこともあった。また、満足のいくメンバーの不足からGENET自身がステージにおいて楽器を演奏しなければならないこともあり、フロントパフォーマーに専念出来ないこともあった。一度目の解散の際にリリースされたビデオ「history」でGENETが語ったところによると、BOØWYの布袋寅泰がサポートメンバーとして加入したことで音楽性が格段にあがったとのこと。当時はプロミュージシャンとして駆け出しだ

過去問、機器とも再利用=センター試験(時事通信)
仕分け第2弾へ意見募集(時事通信)
<無免許運転>高浜市議に2年を求刑 名古屋地裁支部初公判(毎日新聞)
大阪・富田林ひき逃げ 2審は実刑 大阪高裁(産経新聞)
「信頼」発言で陸自幹部を文書注意 防衛省(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よしたけあつし

Author:よしたけあつし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。